長浜市・米原市の賃貸・売買・管理|株式会社D-Vision不動産 > 株式会社D-Vision不動産のスタッフブログ記事一覧 > 【株式会社D-Vision不動産】借りている部屋でカビが生えたらだれが負担するの??

【株式会社D-Vision不動産】借りている部屋でカビが生えたらだれが負担するの??

カテゴリ:不動産知識
弊社ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
株式会社D-vision不動産です。

お部屋探しのお客様から「今住んでる部屋で壁紙にカビが生えてしまった結構やばいかな??」というお声を頂戴することがありました。

そこで今回は湿気によるカビが発生してしまったケースについてお話させていただきます。(※必ず当てはまる訳ではありませんのでご注意してください。)


結論から言いますと大半のカビによる損傷は入居者負担になるケースが多いです。

賃貸物件のカビについて、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると、「結露を放置したことにより拡大したカビは通常の使用による損耗を超えると判断されることが多い」となっています。

つまり、一般的なカビ対策を行わなければ、入居者側の負担になります。ただし、カビの損害すべてにおいて入居者が負担しなければいけないというものでなく、カビ発生の原因によってそれぞれ異なります。


ここからは、アパートやマンションなどの賃貸物件でカビが発生しやすい場所を紹介します。

お風呂・洗面所

→湿度が高く窓がない場合が多く、天井や家具裏にカビがとても出やすくなっています。

キッチン・冷蔵庫

→排水口やシンクの下の収納部分、冷蔵庫裏は湿気が滞留しやすいのでカビが発生しやすいです。

窓枠

→窓枠も木材箇所やカーテンの設置部分からカビが移る場合があるので注意が必要です。



空気が滞留する所は基本的に湿気が溜まりやすく逃げにくい場所になっていますので定期的に掃除や換気をして予防してカビがあった場合は早めにふき取りアルコール消毒でカビ抑制もしましょう。

いかがでしたでしょうか?

今、引越しをご検討中の方で現在住んでいるお部屋の退去のことも何なりとご相談くださいませ!

その他に弊社ではお客様のニーズにお応えできるように日々活動をしております。

不動産のことでお悩みの際は我々、株式会社D-Vision不動産にお任せください!


↓↓こちらをクリック↓↓




D-Vision不動産の公式LINE始めました!
メールのやりとりよりスムーズにご依頼ができます!
ぜひ、お友達登録よろしくお願いいたします♪



↓SUUMOサイトはコチラから↓







≪ 前へ|【株式会社D-Vision不動産】GW(5/2~5/5)の休業日のご案内   記事一覧

金森 敏也 最新記事



トップへ戻る

来店予約